デイケアサービスは通所介護とも呼ばれる、介護サービスのひとつ

スポンサードリンク               プライバシーポリシー

デイケアサービスは、通所介護とも呼ばれる、ここ最近活発になって
きた介護サービスのひとつです。その名前の通り、日中に行う託児所ならぬ託老所のようなサービスのことで、反対に夜間に行われるナイトケアサービスもあります。

英語の名称をそのまま使用していますが、英語の場合のデイケアは、幼児保育などにも使われる場合があります。主に、平日の朝9時頃に始まり、施設によって15時から17時頃位までに終了するという時間枠を設置しており、従来のような泊まり込みの施設ではなく、
お昼の間のみ
、在宅の老人、あるいは脳梗塞の後遺症痴呆症などの症状が出ている人を預かります。

デイケアサービスを行うデイケアセンターは全国各地にあり、大抵の
ところでは送迎サービスが付いていますが、殆どが養老保険施設
病院、診療所などに併設されていて、そこの利用者が利用することが多いようです。
デイケアサービス別名通所リハビリテーションと呼ばれ、レクリエーションを通したリハビリに重点が置かれています。デイケアサービスによく似た言葉として老人デイサービスセンター、つまり、老人福祉施設がありますが、厳密に言うと両者は違います。

老人デイサービスセンターは、介護を必要とする老人に対して、食事や入浴などの介護サービスを行い、生活の向上や、あるいはその維持を目的として機能訓練などを施します。 また働くスタッフの資格やその業務内容は老人福祉法によって細かく決められています。

デイケアサービスデイサービスと違い、より高度な専門知識を持った、例えば医療資格を持つスタッフや、理学療法士、機能訓練指導員
などが、より専門的かつ具体的にリハビリを行ってくれるということです。 利用者の多くは、そのリハビリによって、ある程度の社会復帰を
予期されている、軽度の人たちが殆どです。ただし、併設されている大本の施設に雇われているスタッフがそのまま並行する形で勤務につくことも多く、中にはデイサービスと殆ど変わらないデイケアサービスを行っているところもあるようです。

SPONSORED LINK


デイケアサービスは医療福祉系のサービス、だから評判の良いところへ!

働くスタッフは主にホームヘルパーの資格を有していたり、理学療法士医療系の資格を持っている人が優遇されますが、希望すれば、
資格なしでも働くことができます。
デイケアサービスの目的は、生活向上を目的としたリハビリですが、レクリエーションを通して本人の精神的な向上心を引き出すことも
狙いです。 レクリエーションを行い、メリハリのある決まったリズムで活動することで、生活時間の管理能力を生み出します。
また、レクリエーションを通して様々な人と接することで、精神的な安定性や、自主性と協調性を養います。

人付き合いや簡単なイベントやゲームを通じて、自分の体力や能力を鍛え、自信を取り戻してもらい、社会復帰へと役立たせます。
また、脳梗塞などの病気による身体的な障害が起こっている人には、リハビリマッサージを専門で行うなどの場合もあり、施設によって
サービスの内容は様々です。
費用は施設の利用費用が日に500円から1000円ほどで、食費は1食500円、送迎費が片道50円など、他にもレクリエーションに必要な
費用などが別途掛かります。 必要な費用は、利用する人間が、どこまで、支援あるいは介護が必要かにもよりますので、近くの
デイケアサービスセンターを調べてみると良いでしょう。

制度がまだ揃いきらない医療福祉系のサービスですから、評判の良いところを選ぶのが一番ですが、毎日通うのですから、
やはり近いという点も重要です。 どのようなセンターが近くにあって、それぞれがどのようなサービスを行っているのか、
きちんと調べてから利用する方が良いでしょう。

スポンサードリンク